日本国際そろばん協会
TEL: 03-5859-5195

協会概要

HOME | 協会概要

ROOMS

協会概要

協会について

ごあいさつ

そろばんが中国から日本に入ってきて500年。
最初は16進法だったそろばんも、日本独自の寺子屋スタイルの中で時代のニーズや生活に合わせてそろばんは現在の10進法に変化を遂げてきました。


学校の義務教育でも読み書きそろばんが主体となり、その教育方針のお陰で日本は戦後、世界の国と渡り合える国へと成長してきました。

時代が豊かになると、教育の基礎であった、読み書きそろばんは学習塾や様々な習い事の台頭もあり、影を潜めてきました。その結果、なにか本来の考える力を養う教育から離れていったような気がします。

近年、そろばんが脳開発に良いとの研究結果が次々と発表され、再度そろばんが見直されてきました。日本でもブームが再燃して世界でも日本の成長を支えてきた、そろばん教育に着目し、そろばんを教える国がどんどん増えています。

ただそんな中、日本の珠算界とそろばん業界においては問題が山積みなのが現状です。そろばんを作る職人さんの高齢化と珠算指導に携わる先生方の平均年齢は65歳以上とも言われております。

今後そろばんを作る、あるいは指導する後継者は数少なく、世界中にそろばんが広まっているのとは逆に日本の珠算界とそろばん業界は衰退の一途を進んでいるのです。

景気も安定しない中、将来の不安や収入面の不安もあり、そろばんの先生になって、そろばんを子供たちに教えよう!と思う若者も少ないのが現実です。

このままではせっかくのそろばん教育も日本では愚か世界の普及にも影響が出てきてしまいます。

我々は、こんなに素晴らしい日本の教育文化であるそろばんをこのまま絶やしてはいけない!そんな想いでこの協会を立ち上げました。

日本のそろばんレベルは世界でもトップレベルを誇ります。この協会では、日本が発行する級・段の検定を世界の人達にも受験していただき、そろばんの上達・実力向上に貢献していき、国際基準の競技大会の実施により、日本から発信することで世界的に珠算界とそろばん業界の活性化を図る事を目的としています。

また、珠算界で活躍できる後継者を未経験・経験者問わず育てる仕組み…認定講師制度の設置をして、日本と世界で珠算を指導できる人材の育成を行い、珠算界の発展に寄与する事も目的としています。

EIICHI KOMINE

理事長 小峯 永壹一

日本には「読み書きそろばん」という、昔からの学習に対する基本的な考え方があります。そろばんはその日本の伝統的な学習の要素が全て含まれています。
そろばんを繰り返し練習する事で計算力はもちろん、集中力や忍耐力が身に付きます。その学習こそが日本人の基礎を作ったとも言われています。
そろばんを習うことは国を問わず基礎学習能力の向上に繋がると信じています。
この素晴らしい技術を世界に発信していきたいと思います!

SHUNGO KO

副理事 黄 俊豪

海外に、日本の素晴らしいそろばん指導の文化を。クロアチア、モンゴル、インド、香港など、各地でそろばんの講習会、競技会運営の手伝い、技術協力なども行う。日本の子どもたちにはもっと世界を知ってもらいたいという想いもあり、
世界共通の言語である【数字】を通じて、あらゆるところに興味を持てる人材を輩出し、応援していきます。

NOBUKIYO WATANABE

副理事  渡邊 伸清

「先進国ではキャッシュレスが進んでいるなか、発展途上国では現金を扱いおつりを間違える人もいる。
計算はすべての原点。時間の使い方、作業効率、セルフマネージメントなどすべてにおいて量と時間を計算して成り立つものである。
その計算の仕方をそろばんを通じて世界中に広めることで経済も変わる。
必要があればどんな国にも出向いてそろばんを広めたい。みなさん、一緒にそろばんという教育文化の素晴らしさを世界に広めませんか。」

TOSHIHIKO KO

アジア地区支部長 黄 俊彦

現在台湾在住。2017年からいち早くオンラインレッスンを取り入れ、日本国内だけでなくアメリカやイギリス、シンガポールに住む生徒達に指導を行う。(中国語や英語での指導も可)
「そろばん×〇〇」をモットーに、グローバルな人材育成のお手伝いをいたします。

AKIRA NAKANISHI

北陸地区支部長 中西 章

大学在学中から理想の教育を求め続け、学習塾を経営しています。40歳を過ぎてからそろばんの魅力に気づき、さらに英語読み上げ算の普及に取り組んでいます。
教育プロデューサーとして世間に学問の大切さやそろばんの魅力を発信していきたいとと思います。